一生大切にできるブライダルリング・ウェディングリングを手にしよう

結婚を決めたら準備すべきことや物はたくさんあります。

ドレスや結婚式の準備など考えなくてはならないものがたくさんありますが、特に気になるという方が多いのがブライダルリングやウェディングリングと呼ばれるものです。

結婚前後だけではなく一生にわたって大切にしていくものでもあるので、しっかり選んで納得のいくものにしていきましょう。

いろいろな呼び方がある

結婚前後にやり取りする指輪にはいろいろな呼び方があります。婚約の際に贈るものを婚約指輪やエンゲージリングなどと呼んだり、結婚式の時にやり取りする物を結婚指輪、マリッジリングと呼んだりといった形で呼び分けているという事も多いです。

しかし、あえて使い分けをしないという事もあるようです。そのため、ブライダルリング・ウェディングリングという形でまとめて呼ぶこともあります。

記念となるアイテムは多いほうが良いという方はあえて婚約指輪と結婚指輪を分けて作るという事も良いでしょう。

できれば一つの指輪に思いを込め、一つにすることで費用もまとめてちょっとグレードの高い素材やデザインを選ぶという方法もあります。婚約期間が短い場合などは婚約指輪をあえてつくらないという事もあります。婚約指輪は相手が選んでプレゼントしてくれたから、結婚指輪は自分でお気に入りのデザインを選んでみたいという方もいるはずです。

自分たちの結婚の形を考えたうえで、指輪の準備をどうしていくかという事もしっかり話し合って検討していきましょう。

二人で選ぶか一人で選ぶか

ウェディングリング、ブライダルリングといったものを選ぶ際に、誰が選ぶかという事も大きなポイントとなってきます。婚約指輪としての位置づけで、サプライズでプロポーズなどという場合はプロポーズをする人が一人で選ぶということになります。

この場合は選択肢がありませんが、それ以外の場合には、二人で選ぶのか一人で選ぶのかという選択肢が生まれてくることになります。金額もそれなりにするものなので、お互いに納得のいくような形で選んでいくようにしたいものです。

男性側があまりアクセサリーなどに興味がない場合、女性一人で選ぶという事もあります。結婚前は結婚式などに向けていろいろな準備をする必要があり、打ち合わせなど二人でやらなくてはならないことが多くあります。そのため二人のスケジュールが合わせにくく指輪まで一緒に見に行けないという事も多いようです。

そういった時には一人で選ぶことになるでしょう。相手の希望や予算などを事前にしっかり聞いておくことがトラブルのない選び方のコツと言えます。二人で選ぶ場合には、お互いが納得のいくものを選びやすくなります。しかし、それぞれに好みやこだわりのポイントが異なっていると意見がまとまりにくいという事も起こってきます。

お店などに行く場合にも、その前にパンフレットやインターネットなどで情報をチェックしておいて、どのようなものを選びたいか前もって意見をまとめておくと、お店でもスムーズに選ぶことが出来ます。忙しくて時間がとりにくい場合などはこうしたことを意識しておきたいものです。

余裕を持って選ぶようにしたい

結婚を決意してから結婚式などまでの間に、それほど多くの期間が無いという事も良くあります。仕事の都合であったり、おめでたが控えていたりするといった場合にはすぐに結婚式が来てしまうという事もあるでしょう。また、期間自体は長くても、お互いの仕事などが忙しくてなかなか準備のための時間がとりにくいという事も起こってしまいます。

指輪選びなどにじっくり時間をかけていくという事も難しくなることも多いでしょう。しかし、指輪はそれなりに高い値段のものですし、間に合わせで購入するという事は避けたいものでもあります。結婚を決めたらすぐに選び始めるなどして、余裕を持てるようにしていきましょう。

時間があることで、複数のお店を見て回ることが出来ることもあります。特殊なデザインのものなど、欲しいものがその場にはなく、特注になるという事もあります。欲しい指輪が見つかったとしてもネームやメッセージを入れたり、サイズを調整したりということになれば、その作業の期間も必要となってくるのです。

結婚式などで指輪を交換するなどという予定を考えているカップルは、早めに指輪の準備を始めていくようにするのがおすすめです。

一生身に着けることを考えて選ぶ

ブライダルリング、ウェディングリングとして手にした指輪は、他のアクセサリーとは違った意味を持つことになります。

夫婦であることのあかしとして、常に身に着けていくという夫婦も多いものです。今だけではなく、今後も長きにわたって利用していくということになります。

そのことを考えつつ選んでいくということが大切です。どうしても華やかな物やデザインに特徴のある物を選んでみたくなるものですが、若いうちは華やかなものが似合っていても、年齢を重ねると徐々につけにくくなってしまうという事も多いです。

装飾が多いものは、日常の中でつけにくくなり、ついつい外しがちになってしまうという事もあります。また、女性向けの華やかなデザインでお揃いにしてしまうと、男性には付けにくいものとなってしまう事もあるのです。

一時期にしか使わないファッションリングや婚約指輪なら好きなデザインを選べばよいのですが、二人でこの先付けていこうとするのであれば、シンプルで飽きのこないものにしていくのがおすすめです。そういった視点を持ってリング選びをしていきましょう。

5万円前後のブライダルリング

無理をしすぎないという事もポイント

指輪は高額なものも多くあります。一生に一度のことだからとちょっと背伸びをして、素敵なものを購入したいと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、結婚には様々な面でお金がかかります。結婚式などももちろんそうですが、新しい生活を始めるうえでも思った以上にお金がかかるということになるのです。

その際に指輪に掛けるお金を無理して捻出してしまうと、今後の生活に困ってしまう事も多くあります。ブライダルリング、ウェディングリングといったものにこだわりたいと思っている場合には、計画的に資金を貯めていくようにしましょう。

その期間が無いという場合には、出来る範囲で無理をしないという事も大切です。後でお金が出来た時に二人で納得のいくものを買う方法もあります。